石川県 輸入車 空冷 メキシコビートル エンジン不調 加賀市 小松市 白山市 金沢市 野々市市

ご紹介にてご来店のメキシコビートルは、エンジン不調、オイル漏れ、その他もろもろで入庫です。久しぶりに触りますメキシコビートル。

なんでも地元の車屋さんでクラッチ交換してから、不調らしです。

基本の点火時期などを点検しようと、プラグコードに目をやると、プラグコードの差し込んである順番はあっていましたが、目印に記載してある1.2.3.4の番号が違います。1番シリンダーのところが3番になってます。

点火時期の調整は1番シリンダー基準ですので正しい1番シリンダーにタイミングライトをセットして確認すると。

ありえないくらい点火タイミングが進角されていました。ディスビには取り外すときにつけたであろうマーキングの後もありましたが、3番シリンダーで調整しているのでマーキングの位置で組み付けると調子悪くなって迷走します。

正しい1番シリンダーで調整後は、マーキングともピタリと一致しました。

オイル漏れは、インマニのこの部分から。キャブのビートルの燃料ポンプが付くところ。

インマニを取り外して確認します。なんとガスケットの上にワッシャーが噛みこんでました。これまた人的ミスです。

エンジンオイルも規定量よりはるかに多くインマニの取付け不良の部分から水が混入して白濁しておりました。

ガスケット類を発注して、スピードメーター不動修理も依頼されましたので、こちらは取り外してメーター屋さんに修理にだしました。

メキシコビートルは、テスター通信が可能なようでしたので、興味があるので専用の配線をつくりました。修理がすべて完了したら繋げてみたいと思います。

部品が揃いエンジンは完成しました。今回はブレーキの固着も発見されたので、写真撮り忘れましたがブレーキもオーバーホール致しました。

あとはメーターが修理から返ってくるのを待つばかり。老朽化してガス漏れしていたエアコンは今回撤去しました。


アウトシュピエルでは軽トラからスーパーカーまで依頼があれば、経験のない車両もできるだけ情報、資料を集め、しっかりと整備できるように努めております。ご用命、お問い合わせはお気軽にどうぞ!