北陸 石川県 輸入車 旧車 整備 水冷 空冷 ポルシェ VW

皆様ご無沙汰しております。

アウトシュピエル宮下です。

当店は、コロナ騒動の影響も少なく粛々と営業しております。

全体画像ありませんが、997ポルシェ911のプラグ交換の様子です。

エキマニ、触媒を取り外しての作業となります。

前期型は、ここまで取り外す必要はありませんが、後期型はこのような作業になります。

数本の取り外しが非常に硬く、ヒヤヒヤしましたが、

無事摘出。

反対のバンクも同様に作業して完成です。

続きまして、空冷ポルシェ356、エンジン不動にて引き上げしてきました。

点検の結果は、ガソリンの劣化。

配管を外し、燃料ポンプを駆動させてガソリンを抜き取ります。

 

新旧ガソリンの色は一目瞭然!

エンジンは始動できましたが、調子が悪い。2000回転以下がグズグズです。

新しいガソリンを回すため山までひとっ走りして、一晩経つとだいぶ良くなったので、キャブレターの同調と現状出来る範囲での調整してお返ししました。

 

少し前の話ですが、在庫車の1303S、エンジンに手が入っていて、まあまあ速いのでノーマルシートよりサポートの良いシートを取付けよりワインディングが楽しい仕様になりました。

この在庫車も、保管していただけで不調に陥り、点火系一新とボルテージレギュレターの交換で復活しております。

乗っても乗らなくても車は壊れます。

じゃ乗って楽しんだほうがよいと思いませんか?

先日、お隣、富山県まで不動のメキシコビートルを引き取ってきました。

まず通常の点検で、オイルレベルが通常の倍!!(6L前後)入っていましたので排出しました。

排出したオイルはシャバシャバでガソリン臭い!

テスターにて各センサー類のデーターに異常がないか確認すると、エンジンコンピューターのセンサーの出力異常があり、現在コンピューター修理中です。

と古い車ネタ多めですが、当店はハイブリット車からこういった旧車まで入庫いたします。

基本的には、部品の持ち込みもOKです。

お気軽にお問合せ下さい。