石川県 小松市 BMW E87 120i オイル漏れ修理

2015629101142.JPG

オイル漏れで入庫の120iお客様と一緒に漏れ箇所の確認をして、エンジンとミッションのオイル漏れ修理となりました。

まずはミッションオイル漏れ修理から

2015629101438.JPG

 

このプラスチックのオイルパンは定期的に漏れが発生します。

BMWではATFは無交換設定ですが。

定期的に漏れるので、ATFも交換になります。

いくら無交換の設定でもオイルは劣化しますし、構造上内部に鉄粉も発生しますのでやはり定期交換がよいでしょう。

2015629102456.JPG

2015629102533.JPG

オイルを抜き取り、オイルパンを外します。

201562910273.JPG

 

オイルパンのマグネットには鉄粉がついています。

2015629102825.JPG

 

新旧のオイルパンとコネクターシールスリーブ。

このシールはオイルパンを外さないと取替えできませんので同時交換。

201562911155.JPG

新しいオイルを注入して、

2015629103225.JPG

 

テスターにて温度管理して油量を調整してミッションオイル漏れ修理は完了。

 

201562910353.JPG

つぎはエンジンオイルパンのオイル漏れ修理になります。

エンジンマウントを切り離して作業するのでエンジンを吊り上げます。

2015629103655.JPG

サブフレームを半分降ろして、

2015629103759.JPG

オイルパンが外せます。

あとはパッキンを取換えして元通り復元して完成。

エンジンオイルもロングライフなものがBMWでは推奨されています。当店でもロングライフオイルを取り扱っていますが、劣化したり、減ってしまったオイルはエンジン内部にヘドロ状に蓄積していたりしてゴム類の劣化も早くなったりします。遅くても1万キロごとの交換をお勧めしています。