10年以上経過しているBMWのヘッドライトです。

ポリカーボネート製のヘッドライトは、耐衝撃性や透明性が高い反面、

紫外線には弱いので時間の経過と共にどうしても黄ばんでしまいます。

特に屋外保管されている方は紫外線に当たる時間が長いので、UVカットなどの

コーティング効果も薄れ、次第にどんよりと黄色く濁ったようになります。

ヘッドライトは車のパーツの中でも目立つ部分ですので、ここをクリアにさせると

古臭い感じが消え、見違えるほどシャキッ!として見えます。